安保 あんぽ あんぽんたん

まいど
暑くて半分溶けている春山です

さて、あまり触れなかった安保について・・・

世の中の人はどう思っているか知らんが
今回の安保が違憲かという議論の前にこれを読んでみよう

日本国憲法の9条

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


これはまさにアメリカに作らさせた日本の憲法です。

今、まさにこれについて議論されてるんだが
1番目は分かりやすいと思う

日本が世界に誇れる


”戦争はしません”


っていうヤツ。


じゃー、2番目は??

これっておかしくねー?

1を実行するために戦力を持たないって言ってるんだぞ!

じゃー、自衛隊ってなに??

オイラの知ってる知識だと
日本の陸上自衛隊が使っている89式自動小銃は
世界でも抜群の性能を持つライフル銃だぞ。

しかも、日本はアメリカから戦闘機も買ってるんだぞ。

護衛艦はという名のものはまた新しいのが進水式するぞ

戦力を持っているじゃん!


ガハハ。


この時点で違憲じゃねーのかい(笑)


オイラは別に今回の安保について賛成でも反対でもねーけど
一般的にこういう文章を読んでみたら
これおかしいだろ!とは思うことを言ってるだけであって
どうでも良いんだが^^;


ちなみにこんなのもあるよ。

日本国憲法一部(前文)

”われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して
他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、
普遍的なものであり、この法則に従ふことは、
自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各
国の責務であると信ずる”


これ簡単に言うと自分の国のことばかりじゃなく
他国と対等関係になって他の国のことも考えろよ!ってこと。


そんでももって当然日本は他国のことを考えて今まできました。
国際連合にも加盟しています。

その国連の国連憲章の7章51条にはこう書いてあります

”この憲章のいかなる規定も、
国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、
安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、
個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。

この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、
直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。

また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持
または回復のために必要と認める行動をいつでもとる
この憲章に基く権能及び責任に対しては、
いかなる影響も及ぼすものではない」(国連憲章51条)”

んー頭が痛いくらい難しく書いてあるが
ここが自衛権の所なんです。

要は、攻め込まれたら攻撃して良いですよ!ってこと
自ら侵略することはダメです。

攻め込まれたら攻撃しても良い。
国連がちゃんとした支持を出すまで間は
個別だろうが集団的だろうがその権利は害しませんよ
ただ、そのことをちゃんと国連に報告してください。

と言う風に国連のルール上はなっているわけです。


その国連に加盟しているにも関わらずに
日本の憲法上では戦争しませんって言ってるわけです。

まー、それは良いとしても
じゃー、国連憲章違反じゃんってなるわけです。

国連は攻め込まれたら戦争して良いって言ってるし
しかも、国連加盟国が責めこまたら攻撃しても良いと言ってるし
ただ、日本はそれはできないと言ってるわけです。

ただ、これは憲法の前文にあった通りに他国と対等の
関係ではないんじゃない。

じゃー、なんでこんな矛盾になってしまったかというと
日本の憲法はGHQが支配していたアメリカがつくったものだから、
要は軍事大国のアメリカも世界中のどこの国にしても
日本が戦争に参戦することが脅威でしかないわけです。

だから、アメリカは日本に戦争するな。武器を持つな!っていう
そういう憲法をつくったわけです。

日本が脅威?

そりゃーそうでしょ。
日本はドイツと同じで工業国であるわけです
質の高い製品をつくることのできる世界的にも有名な国です。

生真面目さと手先の器用さだろうが
そんな国の人が武器を好き放題つくったらどうなるか!

さっきも書いたが日本の自衛隊が使っている
自動小銃は世界的に性能の高い銃だと言われている。

そんなに力を入れてない感じでつくっている銃でさえ
そんな評価になるだから、公につくったらどんなのが出来るのか
そんなのがわからない国もないだろう。

そんな日本を恐れてつくった憲法のが今の憲法なんだよ。

そう考えると必然と答えはでてくるんじゃねーの。

オイラはどっちに転んでも良いと思うが
そういう矛盾が起きているのは解消するべきだと思う。

なぜなら、なにかが起きた時に責任区分がわからなくなるからだ。

例えば、
国連加盟国が攻撃された時に
日本は何もしかなった?

しかもすぐそばに居て、日本が攻撃すれば
被害を最小限に食い止めらるような状況だった場合。

恐らく、国連加盟国からは非難を浴びるだろう。
しかも結果的に何万人もの人が亡くなったとしたらどうだろう。

その時には日本は日本の憲法を理由にするのだろうか?

それなら、国連はやめた方が良い。
ルールを遂行できない組織に居るのは組織の輪を乱しかねない。


じゃー、国連憲章を優先したらどうなるか。

国連憲章を優先したおかげで他国の被害は最小限にとどめることが出来た。
ただ、そのおかげで日本の自衛隊員が1名亡くなった。
(戦後、日本の自衛隊員は戦況地では1名も亡くなってない)

こうなったら、今大騒ぎしている国民たちが黙ってないだろう。
日本で内戦がおこるかもしれない。

こういうことにならないように
色々な決まりがある中で、
しっかりと整合性だけはとっとくべきなんじゃないかと
オイラは思うだけだ。

今まで、あんまりこの件に触れてこなかったのは
オイラの基本的な考えは戦争は好きではない。

当然、オイラが戦場へ行く可能性は低いだろう。
ただ、いまの子どもたちは戦争へ行く可能性は高くなる。
それはしてはいけないことだろう

だから、戦争反対なのかというと
世界的な歴史を見ても争いが無くなったことはない。

今も戦地はある。

今現在なら日本に喧嘩を売るようなバカな国はないかも知れないが
この先はわからないのだ。

それを解決できる方法がオイラには思い浮かばないから
その件についてはあまり触れられなかった。

どこぞの無責任な評論家のように
ただ批判だけはしたくないからだ。

平和が一番なのはわかっている。

戦争しないのがベストなのもわかっている。

じゃー、武力行使されたら
どうやって国を国民を守れば良いのだろうか。


オイラにはなにがベストなのかわからん。
































この記事へのコメント